コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盾・楯 たて

大辞林 第三版の解説

たて【盾・楯】

戦闘の際、敵の矢・刀槍・銃による攻撃から体を隠し、身を守るための防御用の武具。手に持って使う持ち盾(手盾)と、地上に置いて用いる置き盾(搔盾かいだて)がある。
の形をした記章・トロフィー。
自分の身を守るのに都合のいいような手段。 「証文を-に居座る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

盾・楯の関連キーワード楯の半面刀槍