コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看護師によるこども救急相談電話

1件 の用語解説(看護師によるこども救急相談電話の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

看護師によるこども救急相談電話

厚生労働省によると、全国では35都道府県小児救急電話相談を実施。このうち看護師だけで対応しているのは岩手、秋田、栃木の3県。残りは医師か、病院の一角など医師にすぐ相談できる環境で看護師が対応。県内でも事業開始前は、「看護師では十分な対応ができない」といった声もあったが、県医師会が開始半年後に実施したアンケートでは、利用者の9割超が対応に満足していた。

(2007-06-24 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

看護師によるこども救急相談電話の関連キーワード中央労働委員会労働基準局都道府県労働委員会災害拠点病院都道府県議会議員都道府県条例厚生労働大臣最低賃金審議会都道府県知事免許薬害スモン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone