コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看護師・介護福祉士候補受け入れ

1件 の用語解説(看護師・介護福祉士候補受け入れの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

看護師・介護福祉士候補受け入れ

看護は訪日後3年、介護は4年の間に実地研修を積み、国家試験に合格すれば就労を認められる。両資格の取得を目ざしインドネシアから08年以降791人、フィリピンからは09年以降569人が来日。看護師試験は昨年までに結果が3回発表されたが、合格率は日本人が9割程度なのに対し両国は最高で4%にとどまった。介護福祉士試験は今年が初の結果発表となる。

(2012-03-26 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

看護師・介護福祉士候補受け入れの関連キーワード介護在宅介護訪日経済連携協定(EPA)フィリピン看護師・介護福祉士受け入れ外国人看護師・介護福祉士受け入れインドネシアからの看護師、介護福祉士の候補者受け入れインドネシア人の看護師・介護福祉士の候補者の受け入れEPAによる看護師、介護福祉士候補者受け入れEPAによる看護師、介護福祉士の候補者受け入れ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone