コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

看護師不足でベッド削減

1件 の用語解説(看護師不足でベッド削減の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

看護師不足でベッド削減

地域医療の中核を担う病院で、看護師が大量に退職したためにベッドを減らす事態が起きている。県立奈良病院はこの春、400床の一般病棟のベッドのうち69床を休止した。3月に定員(358人)の1割近い30人が退職を希望。実働者は304人にとどまり、パート看護師や、患者の体位交換などをする介護ヘルパーの採用に力を入れている。奈良県立医科大でも、深刻な看護師不足で、新生児集中治療室(NICU)21床のうち、15床しか稼働していない。埼玉県の春日部市立病院は05年度から350床のうち、53床を休止している。

(2009-10-16 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

看護師不足でベッド削減の関連キーワード救急看護師正看護師派出看護師ホームケア県立大野病院と双葉厚生病院の統合抗がん剤治療の認定制度佐久総合病院の再構築7対1看護地域医療再生計画東金九十九里地域医療センター

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone