県のグリーン電力購入の仕組み

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県のグリーン電力購入の仕組み

住宅の太陽光発電装置でつくられた電力のうち、自家消費した分量に応じて、に委託された発行事業者が証書を出す。県は自家消費量1キロワット時あたり40円で証書を買い取り、代金は事業者を通じて設置した人に還元する。新規に設置した人が対象。

(2007-08-19 朝日新聞 朝刊 佐賀全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android