コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県の地震被害想定調査

1件 の用語解説(県の地震被害想定調査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県の地震被害想定調査

県が昨年8月に公表した「地震被害想定調査」によると、津波による死者数が最大になるのは、冬の深夜に日本海沖の3海域の震源が連動して巨大地震が発生する場合を想定している。最大死者数は、津波到来の恐れがある地震発生後、ほとんどの住民が避難しない場合を想定。県総合防災課は「地震発生から10分以内に全住民が避難を始めれば、想定死者数は3分の1まで減る。夏の日中の発生で避難が早ければ、死者数は10分の1ほどになる」としている。

(2014-03-11 朝日新聞 朝刊 秋田全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県の地震被害想定調査の関連キーワード警固断層首都直下地震地震防災戦略猿投―高浜断層帯東海・東南海・南海地震の被害想定東海地震の被害想定南海トラフ地震の被害想定南海トラフ巨大地震県内想定大阪府の津波被害想定南海トラフ巨大地震災害対策等検討部会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県の地震被害想定調査の関連情報