コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県の森林整備とかながわ森林塾

1件 の用語解説(県の森林整備とかながわ森林塾の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県の森林整備とかながわ森林塾

県全体の森林面積は約10万ヘクタール現時点では、そのうち鎌倉市の面積に匹敵する約4千ヘクタール分で、間伐やさく作りなどの森林整備が必要とされている。森林塾では、林業未経験者が、間伐や枝打ちなどの基本を学べる体験コース(10日間)、同コースを終了後さらにやる気がある人が進む演習林実習コース(80日間)が2009年に新設された。実習コース受講者は、刈り払い機やチェーンソーの資格が取れ、林業関連の就職口の情報も伝えられる。

(2010-04-11 朝日新聞 朝刊 横浜 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県の森林整備とかながわ森林塾の関連キーワードヘクタール農地森林計画面積現況森林面積ロシアの森林火災人工林と間伐道南杉秋葉の森総合公園日本の森林不作付け水田

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone