コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県の植木産業

1件 の用語解説(県の植木産業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県の植木産業

主な産地は匝瑳市や東金市。農水省の04年のまとめによると、県内の植木農家数は3254戸で全国3位にのぼり、出荷額は78億円と全国1位になっている。農家数の割に出荷額が大きいのは、観賞用の造形樹として生産している農家が多いため、樹木が高値で売買されることが多いからだ。

(2006-06-26 朝日新聞 朝刊 千葉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県の植木産業の関連キーワード東金市匝瑳市匝瑳農水省主産地国産栗埼玉の植木生産事故米問題事故米の不正転売食用ホオズキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone