コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県のRDF事業

1件 の用語解説(県のRDF事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県のRDF事業

RDFは生ごみやプラスチックなどのごみを砕いて乾燥、成形したもの。発電などの燃料に使う。比較的長期の保管が可能なことなどから「夢のリサイクル」といわれ、北川正恭前知事の時代に推進された。県が建設した桑名市多度町のRDF焼却発電施設に6団体がそれぞれに製造したRDFを持ち込んでいる。02年に稼働したが、03年8月には消防士ら7人が死傷する爆発事故が発生。今年に入ってからもボイラータービンが自動停止するなど事故が続いている。売電単価の下落など一度も黒字を計上していない。

(2008-08-11 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

県のRDF事業の関連キーワードRDF焼却発電事業RDFセマンティックウェブRSSRSSRSS書誌情報交換用フォーマットリサイクル偽装RDFと白老方式RDF

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県のRDF事業の関連情報