コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県住宅再建共済制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県住宅再建共済制度

地震、水害、豪雪など自然災害すべてが対象で持ち家、賃貸住宅問わず建物の所有者が1戸単位で加入する。掛け金、給付額とも建物の新旧や強度に関係なく同一。マンションの階段や廊下など共用部分について管理組合が加入できる仕組みも07年10月から始まった。制度スタート後、県内ではまだ対象になる自然災害がなく、給付実績はゼロ。掛け金は約20億2千万円が基金として積み立てられている。県住宅再建共済基金が運営している。

(2009-01-17 朝日新聞 朝刊 東兵 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

県住宅再建共済制度の関連キーワード被災家屋の被害認定

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android