コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内のいじめ

1件 の用語解説(県内のいじめの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内のいじめ

県教育委員会の11月の発表によると、県内の小、中学校と高校で確認されたいじめは06年度で979件。前年度の約10倍になった。小学校のいじめは255件で、前年度の11.5倍。中学校のいじめは413件あり、前年度の約9倍だった。高校のいじめは311件で、前年度の10倍。一方、小学校の校内暴力は2件確認された。中学校は5件。高校は157件に上り、前年度の2倍以上となった。今回の調査から国立や私立学校も対象に含め、詳細な調査となった。また、従来のいじめの定義から「一方的に」「継続的に」「深刻な苦痛」などの表現を外した。県教委は「実態に近い数が把握できた」としている。

(2007-12-17 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内のいじめの関連キーワード解職請求教育委員会教育長指導主事特別委員会教科書の採択学区教育扶助教育委員小林倭子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県内のいじめの関連情報