コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内の国交省事務所を舞台にした官製談合事件

1件 の用語解説(県内の国交省事務所を舞台にした官製談合事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内の国交省事務所を舞台にした官製談合事件

公正取引委員会によると、国交省土佐国道、高知河川国道の両事務所の歴代副所長計6人が業者に入札情報を漏らし、両事務所が08年4月~昨年12月に発注した土木工事165件、約268億円分で談合があった。公取委官製談合防止法に基づいて17日、国交省に改善措置を求めた。公取委は、官製談合とは別に、県発注工事でも業者が談合を繰り返す独占禁止法違反があったと認定。37業者に課徴金納付を命令している。

(2012-10-26 朝日新聞 朝刊 高知全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内の国交省事務所を舞台にした官製談合事件の関連キーワード公正競争規約公正取引委員会合議制官庁公取委審判官国会同意人事独禁当局不公正取引部分再販公正取引委員

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone