コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内の少子化

1件 の用語解説(県内の少子化の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内の少子化

少子化対策室によると、県内の女性1人が一生のうちに産む子供の数を示す合計特殊出生率は1.22(07年)。全国平均1.34を下回り、全国で下から4番目。20代後半の女性の非婚率が63.5%に上るなど晩婚化が背景の一つにある。県地域医療連携課によると、県内で出産を担っている病院は9カ所、診療所は19カ所。少子化が進み、産科医の確保が難しくなったこともあり、病院は05年から7カ所も減った。

(2009-04-20 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県内の少子化の関連情報