県内の汚染廃棄物

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内の汚染廃棄物

県によると、牧草のほかにキノコ原木が157万本(約3万トン)、切った果樹の枝が約3300トンあり、焼却後に埋め立て処分する計画だ。汚染稲わらは約4800トンあり、主に指定廃棄物として扱われる。除染に伴って出る汚染土は、今後の見込みも含めて約1万5千立方メートルで、処理方法は未定

(2013-03-05 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android