コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内の1次産業

1件 の用語解説(県内の1次産業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内の1次産業

05年の国勢調査によると、県内の総就業者数の2・5%にあたる6万2580人(兼業含む)が農業、林業、水産業に従事し、25年前に比べて半減した。内訳は農業5万6306人、漁業5758人(9・2%)、林業516人(0・8%)。平均年齢は農業が64・8歳で、漁業、林業も50歳を超えている。県は09年度予算に農道・魚礁の整備費や設備投資費などとして計約651億円を盛り込んでいる。

(2009-07-04 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内の1次産業の関連キーワードセンサス・データ林業就業者人口集中地区(DID)DID旧市区町村県内の生活保護県内の酪農業大工と木造住宅奈良市のデータムンバイのスラム婚姻率

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone