コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内公営住宅に入居する被災者

1件 の用語解説(県内公営住宅に入居する被災者の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内公営住宅に入居する被災者

県住宅課によると、福島第一原発から30キロ以内に住居があるか、被災証明があれば公営住宅に無料で1年間入居できる。164戸用意したうち、入居しているのは19戸、計69人(22日現在)。出身の内訳は福島51人、宮城9人、栃木5人、千葉4人。入居の際は県から人数分の毛布や炊飯器、鍋や食器などを提供しているという。

(2011-04-23 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内公営住宅に入居する被災者の関連キーワード飯舘村計画的避難区域原発・核燃料施設労働者の労災炭鉱住宅福島第二原発3号機蓬莱団地奈良ならではのライフスタイル(ならism)プルサーマル受け入れの3条件EPZ(防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲)フクシマ50

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone