コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内初の裁判員裁判

1件 の用語解説(県内初の裁判員裁判の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内初の裁判員裁判

2009年10月14~16日に熊本地裁で行われた。熊本市安政町の路上で男性(当時22歳)の顔を右足でけって転倒させ、路上で後頭部を強打させて死亡させたとして、傷害致死罪に問われた男の被告(22)に懲役6年(求刑懲役7年)の判決が言い渡された。検察側、弁護側ともに控訴せず、刑は確定した。

(2010-02-19 朝日新聞 朝刊 熊本全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内初の裁判員裁判の関連キーワード崇城大学黒船祭本地身本地仏熊本地裁判決残留孤児・婦人訴訟判決水俣病第1次訴訟中国残留日本人孤児による国家賠償請求集団訴訟障害者自立支援法をめぐる訴訟水俣病不知火患者会訴訟

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone