コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内各地の空き店舗対策

1件 の用語解説(県内各地の空き店舗対策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内各地の空き店舗対策

下関市には05年度まで、空き店舗入居者に家賃や改装費を補助する「あきんど活性化支援事業」があった。唐戸と長府の各商店街で特に出店支援をし、3年間に計9店が新たに進出した。周南市の中心部では、徳山商工会議所などでつくる「TMO徳山」が「テナントミックス推進事業」と称し、98年から同様の補助事業をしている。近年は商店街に足りない飲食業誘致に力を入れ、カフェやスローフードレストランなどを誘致した。空き店舗を利用して障害者向けのコミュニティー施設も開設した。

(2006-05-17 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内各地の空き店舗対策の関連キーワード下関市下関市立大学ロフト空き店空き店の恵比須中国自動車道船島下関市の社会教育複合施設手作り味工房彩彩飯塚市の商店街火災

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone