コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内農業の現状

1件 の用語解説(県内農業の現状の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内農業の現状

農業で一定の収入を得ている人口は00年の約7万9千人から05年は6万9千人まで減少し、高齢化率(65歳以上が全体に占める割合)も5年で6ポイント増の58%となった。さらに、特定産品の農地を一定面積以上をもつ農家に補助対象を限定する「品目横断的経営安定対策」も今年度から導入され、農産物の販売額が100万円以下の小規模農家が全体の7割を占める県内農業への影響も懸念されている。

(2007-06-30 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内農業の現状の関連キーワード印紙稼ぎ手就業人口収得税一人口は食えぬが二人口は食える収支率ダブルワーカー帆待ち新規就業者(農業)販売目的の事業体

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone