県内農産品への原発被害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内農産品への原発被害

出荷額が全国1位のシュンギクが、原発事故の直後に1キロあたり348円から194円に落ち込むなど、卸売価格が大幅に下がった。3年近くが経ち、多くは震災前の水準に戻ったが、「安心・安全」の象徴だった有機野菜は影響がより大きい。「いまも売り上げが回復しない生産者も多い」(福島県有機農業ネットワーク東京事務所の高橋久夫さん)という。

(2014-02-25 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android