コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県内農産品への原発被害

1件 の用語解説(県内農産品への原発被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県内農産品への原発被害

出荷額が全国1位のシュンギクが、原発事故の直後に1キロあたり348円から194円に落ち込むなど、卸売価格が大幅に下がった。3年近くが経ち、多くは震災前の水準に戻ったが、「安心・安全」の象徴だった有機野菜は影響がより大きい。「いまも売り上げが回復しない生産者も多い」(福島県有機農業ネットワーク東京事務所の高橋久夫さん)という。

(2014-02-25 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県内農産品への原発被害の関連キーワード野春菊木春菊たんにはシュンギクが効くスリー・マイル・アイランド原発事故県の植木産業原発事故の防災対策重点区域ドイツの脱原発ノシュンギクハナゾノシュンギクモクシュンギク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone