コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県労働委員会

1件 の用語解説(県労働委員会の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県労働委員会

労使間で起きたトラブルを解決する行政機関。双方の主張を聞き、解決策を提示したり話し合いを勧めたりする「あっせん」と、労働者側からの申し立てに基づき、使用者側の不当な行為があったかを調べる「審査」がある。審査は、双方の事情を聴く「調査」を経て、公開の場で当事者が主張をしあう「審問」が開かれる。これを踏まえ、県労委は和解を促したり、使用者の不当労働行為に対して改善命令を出したりする。県内で審問が開かれるのは2007年以来。

(2013-12-15 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県労働委員会の関連キーワードトラブルシューティング監査機関折衝トラブル地方行政機関トラブ・るトラブルシューター指定地方行政機関ADR(裁判外紛争処理)ADR(裁判外紛争処理制度)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県労働委員会の関連情報