県労働委員会

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県労働委員会

労使間で起きたトラブルを解決する行政機関。双方主張を聞き、解決策を提示したり話し合いを勧めたりする「あっせん」と、労働者側からの申し立てに基づき、使用者側の不当な行為があったかを調べる「審査」がある。審査は、双方の事情を聴く「調査」を経て、公開の場で当事者が主張をしあう「審問」が開かれる。これを踏まえ、県労委は和解を促したり、使用者の不当労働行為に対して改善命令を出したりする。県内で審問が開かれるのは2007年以来。

(2013-12-15 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県労働委員会の関連情報