コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県庁・県警の不正経理

1件 の用語解説(県庁・県警の不正経理の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県庁・県警の不正経理

昨年末から今年初めにかけ、業者への架空発注でプール金をつくる「預け」が発覚。旧県税務課では、元職員4人による約1億2千万円の預けの私的流用も判明した。県は自殺した1人を除く3人を刑事告訴し、懲戒免職にした。翌年度納入など、預け以外も含めた不正経理全体では、県庁が約16・6億円、県警が約11・4億円で計約28億円にのぼった。県は3月、関係者1724人を処分。副知事2人も更迭した。県警の処分はまだ行われていない。

(2010-04-09 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県庁・県警の不正経理の関連キーワード空発昨年時雨人馬推測達延汗目に掛けるオモドス県内の消防団・団員数モーツァルト:ピアノ協奏曲 第13番 ハ長調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone