コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県民参画基本条例

1件 の用語解説(県民参画基本条例の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県民参画基本条例

県独自のデモクラシーの形を制度化しようと、2期目の知事選で平井伸治知事が公約。知事と議会の意見が行き詰まった場合などに直接県民の意思を問う「常設型」の住民投票制度を設けるもの。案によると、住民投票の発議者は住民、知事、議会の3者。対象は県の存立の基礎的条件に関することや、県が実施する特定の重要施策の賛否について。投票資格者は全市町村に協力を仰ぐため、現行の公職選挙法有権者と同じ、とした。

(2013-02-20 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県民参画基本条例の関連キーワードデモクラシーアドホクラシー大衆デモクラシーデモクラットマスデモクラシーe-デモクラシーラジカルデモクラシー斧でもくらえ参加デモクラシージェファソニアン・デモクラシー

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone