コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県独自の基礎学力調査と全国学力調査

1件 の用語解説(県独自の基礎学力調査と全国学力調査の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県独自の基礎学力調査と全国学力調査

県独自の基礎学力調査は2002年度に始まった。当初は全教科だったが、文科省が07年度に「全国学力調査」を始めたため、全国とは違う科目でテストする。現在は小学4年の国語と算数、6年の社会と理科、中学3年の社会と理科、英語。生活習慣や学習環境を尋ねる抽出調査もあり、今年度は児童生徒約1万3千人、教員約2千人が参加した。全国学力調査は全員参加で始まったが、民主党政権時代には抽出調査に変更された。13年度から再び全員参加になり、全国で約230万人、県内では約2万人が参加した。科目は小学6年が国語と算数、中学3年が国語と数学。

(2014-04-22 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県独自の基礎学力調査と全国学力調査の関連キーワード基礎学力資力調査地力調査高校生の学力テスト全国学力調査の学校別成績の公表全国学力調査と結果分析全国学力調査の分析学力調査基礎学校全国一斉学力調査

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県独自の基礎学力調査と全国学力調査の関連情報