コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県産カキの生産量と出荷先

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県産カキの生産量と出荷先

広島県のカキの生産量(むき身)は全国トップだが、生鮮用の生産量はノロウイルスの被害が広がった2006年度に1万トンを割り、08年度は8200トンだった。歴史的には江戸時代の1670年代には大阪に向け、カキ船による輸送が始まったという。現在の出荷先は西日本が中心で、九州や関西の市場ではシェアが5割を超す半面首都圏では3割程度にとどまる。

(2011-01-04 朝日新聞 朝刊 広島1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

県産カキの生産量と出荷先の関連キーワード広島県

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android