県立大生遺棄事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県立大生遺棄事件

2009年10月26日、平岡都さんが浜田市のアルバイト先を出た後に行方不明になり、11月6日に広島県北広島町の臥竜山で遺体の一部が見つかった。12年11月に死体遺棄罪公訴時効を迎え、両県警の合同捜査本部は殺人事件として捜査を続けている。

(2016-10-26 朝日新聞 朝刊 島根・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

県立大生遺棄事件の関連情報