コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県立文書館

1件 の用語解説(県立文書館の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県立文書館

県史の編纂(へんさん)のために集められた史料を保管するため、1986年に設立された県の施設。那須地区の歴史をまとめた『那須記』(江戸初期)の原本や、徳川光圀の指示で行われた那須国造碑(大田原市、国宝)発掘の記録など、14世紀の南北朝時代から現代までの古文書約27万点、歴史的価値のある公文書約5万点を保管する。職員の多くは元教員や現役の研究者で、県内の旧家や寺社に保管されている古文書の収集を続けている。

(2010-08-17 朝日新聞 朝刊 栃木全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県立文書館の関連キーワード維新史料編纂会旧辞史料編纂所県史史局編纂編者暦家論纂一宮松次

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県立文書館の関連情報