コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県立高校の授業料減免制度

1件 の用語解説(県立高校の授業料減免制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県立高校の授業料減免制度

授業料は全日制月額9900円、定時制2700円。生徒と保護者からの申請で各校長の認定により減免。地域ごとに、家族の年齢や人数によって生活に必要な経費の基準額が定められており、減免が全額か半額かは、この額を基に決まる。例えば、秋田市で父、母、弟2人と暮らす高校生(17)の場合、基準額は月額23万4390円。さらに、教科書代、児童養育費などが加算され、一家に必要な経費は約26万円と算出される。世帯収入がこの額に満たない場合は全額免除、1・5倍の額に満たない場合は半額免除となる。

(2010-03-24 朝日新聞 朝刊 秋田全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県立高校の授業料減免制度の関連キーワード全日制定時制授業料単位制高校昼間定時制多部制の定時制高校公立高校の授業料無償化と私立高校生への助成県内の夜間高校高校無償化高校無償化制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone