コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県警察学校

1件 の用語解説(県警察学校の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県警察学校

新規採用された警察官全員が「初任科」に入校し、全寮制の集団生活を送る。交番勤務などを経て、刑事、交通、生活安全など各部署に配属される際にも「専科」で専門知識を学ぶ。県内で働く日系ブラジル人が増えたことに対応し、初任科では英語のほか、ポルトガル語が必修科目だ。学校は1880(明治13)年に設置された県巡査講習所が前身。現校舎は07年11月に新築された。団塊世代リタイアにともない、新人の採用数を増やす計画で、寮などを拡充した。

(2008-03-08 朝日新聞 朝刊 滋賀全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県警察学校の関連キーワード警察官初任者研修初任格付け学卒検視初任給婦人警察官国家地方警察インドネシア国家警察改革支援常勤講師と非常勤講師

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県警察学校の関連情報