コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県議選の選挙公営制度

1件 の用語解説(県議選の選挙公営制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県議選の選挙公営制度

選挙カーとポスター費用のうち一定額が公費負担される。ポスターは県内13選挙区ごとに上限額があり、最高は富山市第1の110万4460円、最低は滑川市の69万3616円。選挙カーは車両や運転手を一括で契約するハイヤー方式か、別々に契約するレンタカー方式を選択。ハイヤーは1台に限り日額6万4500円を限度に公費負担される。レンタカーは1台に限りレンタル代が日額1万5300円、燃料代が7350円、運転手の人件費が1万2500円。上限額の合計は3万5150円。

(2011-11-13 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県議選の選挙公営制度の関連キーワード固定費用選挙カー費用の公費負担選挙の公費負担選挙運動費用選挙公営制度選挙費用の公費負担制度燃料費の公費負担選挙費用の公費負担個人ポスターと政党ポスター公職選挙法とポスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone