コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県議選をめぐる公選法違反事件

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県議選をめぐる公選法違反事件

03年4月の県議選旧曽於郡区(定数3)に立候補し、初当選した中山信一さん(61)派の住民ら13人が4回の買収会合を開き、計191万円を授受したとして同法違反罪で起訴された(1人は公判中死亡)。12人は「自白を強要された」などと主張。鹿児島地裁は2月、全員に無罪を言い渡し、その後確定した。事件をめぐっては、任意の事情聴取で県警警部補(44)に親族の名前が書かれた紙を無理やり踏まされるなどした「踏み字」問題で、志布志市のホテル経営、川畑幸夫さん(61)が損害賠償を求めて県を訴え、県は敗訴(確定)。また、同様に任意の事情聴取で自白を強要されたとして、同市の農業浜野博さん(68)ら8人が慰謝料を求めて県を提訴しているほか、弁護士が取り調べで元被告との接見内容を調書化され、接見交通権を侵害されたとして、県と国に損害賠償請求訴訟を起こしている。

(2007-04-20 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android