コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県青少年健全育成条例

1件 の用語解説(県青少年健全育成条例の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

県青少年健全育成条例

1961年に制定された県青少年保護育成条例の名称を変更し、07年10月に改正施行された。主な改正点は18歳未満の青少年深夜営業施設への立ち入り制限や深夜の連れだしの禁止など。施行に伴い、保護者同伴であっても18歳未満の青少年は午後10時以降、カラオケボウリング場などに出入りが出来なくなった。また、保護者であっても「正当な理由」がなければ18歳未満の青少年を連れて外出することができなくなった。違反した場合は施設の経営者や保護者に30万円以下の罰金が科される。

(2009-03-30 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県青少年健全育成条例の関連キーワード軍機保護法青少年保護育成条例有害図書青少年ORT青少年赤十字めんの日百貨店法県少年保護育成条例東京都青少年健全育成条例改正案

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

県青少年健全育成条例の関連情報