コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真し・実し(読み)まことし

大辞林 第三版の解説

まことし【真し・実し】

( 形シク )
〔「まこと」の形容詞化〕
本当である。真実だ。 「我も-・しからずは思ひながら/徒然 73
本格的である。正式である。 「今の世に(琵琶ノ道ヲ)-・しう伝へたる人、をさをさ侍らずなりにたり/源氏 乙女
実務的である。政治・経済など実用的方面に関するさまである。 「 - ・しき方ざまの御心おきてなどこそは/源氏 宿木
まじめである。実直だ。 「 - ・しうきよげなる人の、夜は風のさわぎに寝られざりければ/枕草子 200

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android