コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真・実・誠 まこと

大辞林 第三版の解説

まこと【真・実・誠】

〔「ま(真)こと(事・言)」の意〕
( 名 )
うそやいつわりでないこと。本当。 「 -を言えば」 「 -の英雄」
いつわりのない心。人に対してよかれと思う心。まごころ。誠意。真情。 「 -を尽くす」
歌論用語。作品に表れた作者の真情。 「歌の様さまはえたれども、-すくなし/古今 仮名序
( 副 )
本当に。実に。 「 -、それは怪物であった」 「 -、うれしい」
( 感 )
ふと思い出したり、話題を転換するときなどにいう語。ああ、そうそう。ああ、そういえば。まことや。 「 -、講の庭にもその蛇くちなわ侍りしかども、人もえ見つけざりしなり/宇治拾遺 4
[句項目] 誠にもって

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android