真備〈町〉(読み)まび〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕真備〈町〉(まび〈ちょう〉)


岡山県南西部、高梁(たかはし)川支流の小田川下流域に存在した町。吉備(きび)郡。
吉備真備(きびのまきび)の生地。2005年(平成17)8月、合併のため廃止。⇒倉敷市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android