真名鶴・真鶴(読み)まなづる

大辞林 第三版の解説

まなづる【真名鶴・真鶴】

ツル目ツル科の鳥。全長約130センチメートル。腹面は黒灰色、背は青灰色で遠くから見ると銀白色に光る。首は白色、顔は赤い。アジア北東部に分布、冬鳥として、鹿児島県出水いずみ市周辺に渡来する。 [季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android