コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真如上人 しんにょしょうにん

美術人名辞典の解説

真如上人

江戸中期の浄土真宗の僧。東本願寺十七世。十五世常如上人の七男。京都生。幼名は説丸・光養丸、は光性、号は愚海・臨池等。十六世一如上人の法嗣となり継職、大谷祖廟の再建事業を竣工し、また大坂難波別院・松林別院(山科別院)等を再建した。宗務職を経て大僧都に就任。延享元年(1744)寂、63才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

真如上人の関連キーワード乗如上人

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android