真念

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

真念

高知出身の江戸時代前半の僧侶。大阪で活動し、四国を訪れて弘法大師が修行したと伝わる霊場を巡った。四国遍路の父とも言われる。「四國邊路道指南」「四國偏礼功徳記」など庶民に遍路を紹介する書物を記した。高松市牟礼町の洲崎寺に墓がある。

(2011-01-27 朝日新聞 朝刊 香川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android