コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真慧上人 しんねしょうにん

美術人名辞典の解説

真慧上人

室町後期の浄土真宗の僧。伊勢専修寺第十代。下野高田専修寺九世定顕の長男か。常陸の浄土宗迎雲寺等で顕密を学び、高田に帰った後、伊勢・三河・越前・加賀に布教。高田専修寺を継ぎ、伊勢一身田に無量寿院(専修寺)を建立し、高田派教団の勢力を拡大した。法印大僧都に任ぜられた。永正9年(1512)寂、79才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android