コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真清水蔵六(二代) ましみず ぞうろく

1件 の用語解説(真清水蔵六(二代)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

真清水蔵六(二代)

陶工。初代蔵六の長男。京都の人。幼名は寿太郎、名は春太郎、号を春泉・泥中庵。国内はもとより中国・朝鮮にも渡って調査研究を重ね、京都山科に開窯、のち西山の松尾村で製作した。古陶の鑑識に優れ、『陶寄』『古陶録』等の著がある。昭和11年(1936)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真清水蔵六(二代)の関連キーワード浜村蔵六(5代)秦蔵六(?)蔵六浜村蔵六(2代)浜村蔵六(4代)真清水蔵六(初代)真清水蔵六(2代)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone