コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真盛上人 しんせいしょうにん

美術人名辞典の解説

真盛上人

室町後期の天台宗の僧。真盛派開祖。伊勢生。俗姓紀氏、幼名は宝珠丸。幼くして出家し比叡山に登り南上房慶秀に師事。学解を旨とし講演多数。西教寺西蓮寺を中興、西光寺を開く。足利義政後土御門天皇後柏原天皇円頓戒を授ける。明応4年(1495)寂、53才。謚号は円戒国師慈摂大師

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

真盛上人の関連キーワード三重県津市一志町大仰小倭郷一揆越前出目家真範比丘尼真盛豆一志

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android