真跡・真蹟(読み)しんせき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 その人が書いたと確実に認められる筆跡。真筆。
※正倉院文書‐天平宝字二年(758)一〇月一日・東大寺献物帳「右件屏風書者、是先考正一位太政太臣藤原公之真跡也」 〔鶴林玉露‐巻一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android