コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠る・睡る ねむる

大辞林 第三版の解説

ねむる【眠る・睡る】

( 動五[四] )
〔「ねぶる」の転〕
心身の活動が一時的に休止し、目をとじて無意識の状態になる。ねる。 「ぐっすり-・る」 「子供たちはもう-・った」 「ふつとゐながら-・るぞ/中華若木詩抄」
死ぬ。また、死んで埋葬されている。 「父母の-・るふるさと」
(能力・価値などが)活用されない状態である。 「海底に-・る資源」
活動をやめて静かである。 「草木も-・る丑うし三つ時」
目をつむる。目を閉じる。 「文三は眼を-・つて黙つてゐる/浮雲 四迷
[可能] ねむれる
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報