眷属・眷族(読み)けんぞく

大辞林 第三版の解説

けんぞく【眷属・眷族】

血のつながりのあるもの。一族。親族。
従者。家来。 「高祖が第一の-として張良といふ者あり/今昔 10
仏や菩薩に従うもので、薬師仏の十二神将、不動明王の八大童子の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android