眷属・眷族(読み)けんぞく

大辞林 第三版の解説

けんぞく【眷属・眷族】

血のつながりのあるもの。一族。親族。
従者。家来。 「高祖が第一の-として張良といふ者あり/今昔 10
仏や菩薩に従うもので、薬師仏の十二神将、不動明王の八大童子の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐ぞく【眷属・眷族】

〘名〙
① 血のつながっているもの。親族一族。うから。やから。
※瑜伽師地論巻二一跋‐天平二年(730)二月一〇日「飛鳥寺僧賢証、為七世父母六親眷属及広无辺際之与一切有情共成仏道
※方丈記(1212)「あるは妻子、眷属のために作り」 〔史記‐樊噲伝〕
従者家来。配下の者。家の子郎党。
※栄花(1028‐92頃)御裳着「おのおのふるいけんぞくも、ただ我が君、我が殿のみこそ勝りたれ勝りたれとのみいふも」
③ (parivāra の訳。眷愛隷属の意) 仏語。親類、師弟の関係にあって互いに相随順する出家、在家の者。狭くは仏の親族、広くは仏の教えを受ける者すべてをいう。
※性霊集‐一(835頃)遊山慕仙詩「眷属猶如雨。遮那坐中央」 〔法華玄義‐六・下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android