眺増(読み)ながめまさる

精選版 日本国語大辞典の解説

ながめ‐まさ・る【眺増】

〘自ラ四〙 物思いに沈むことがさらに多くなる。一層はなはだしく物を思う。和歌では「長雨」を掛けることが多い。
※蜻蛉(974頃)中「かくしつつ、日ごろになり、ながめまさるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android