着く(読み)つく

大辞林 第三版の解説

つく【着く】

( 動五[四] )
〔「付く」と同源〕
移動していってその場所に至る。
人などがある場所に到達する。到着する。 「九時には会社に-・く」 「七時に駅に-・く」
荷物・手紙などが運ばれて届く。 「実家から荷物が-・いた」 「手紙が-・く」
体の一部がある所に届いて触れる。 「プールの底に足が-・かない」
ある場所に身を置く。 「席に-・く」 「食卓に-・く」
[可能] つける

とく【着く】

( 動四 )
〔「つく」の転〕
つく。到着する。行く。 「伊知遅島、美島に-・き/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着くの関連情報