コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着く つく

大辞林 第三版の解説

つく【着く】

( 動五[四] )
〔「付く」と同源〕
移動していってその場所に至る。
人などがある場所に到達する。到着する。 「九時には会社に-・く」 「七時に駅に-・く」
荷物・手紙などが運ばれて届く。 「実家から荷物が-・いた」 「手紙が-・く」
体の一部がある所に届いて触れる。 「プールの底に足が-・かない」
ある場所に身を置く。 「席に-・く」 「食卓に-・く」
[可能] つける

とく【着く】

( 動四 )
〔「つく」の転〕
つく。到着する。行く。 「伊知遅島、美島に-・き/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

着くの関連キーワードメリケン波止場乗り掛かった船アットバット一座の宣旨日が高い手節の崎『浮雲』座に直る差し付く衣紋鏡目的地松が枝咳払い無着陸乱座首座時分陸路脚力道程

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着くの関連情報