コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着地型観光

1件 の用語解説(着地型観光の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

着地型観光

観光客の受け入れ先が地元ならではプログラムを企画し、参加者が現地集合、現地解散する新しい観光の形態。主に都会にある出発地の旅行会社が企画して参加者を目的地へ連れて行く従来の「発地型観光」と比べて、地域の振興につながると期待されている。

(2014-08-28 朝日新聞 朝刊 伊賀 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

着地型観光の関連キーワードプログラマー受け入れ・受入れ仕入れ先プログラムライブラリーEPAと研修生の受け入れEPAによる看護師、介護福祉士候補者受け入れ医療観光(メディカルツーリズム)インドネシア人看護師の受け入れ再統合プログラムビザ分析(正式査定)プログラム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

着地型観光の関連情報