着手・著手(読み)ちゃくしゅ

大辞林 第三版の解説

ちゃくしゅ【着手・著手】

( 名 ) スル
手をつけること。とりかかること。 「論文執筆に-する」 「 -が遅れる」
(「著手」とも書く)刑法で、犯罪の実行を開始すること。犯意をもって犯罪を構成する要件にあたる行為もしくはそれに密接した行為を開始すること。実行の着手。
囲碁・将棋で、一手、一手。 「交互に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android