コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

眠っている間に呼吸が止まる状態が繰り返される病気。10秒以上の無呼吸状態が一晩に30回以上か、1時間に5回以上かつ自覚症状があることが基準とされる。舌がのどの奥に沈みこんで気道をふさぐのが原因で、肥満の人に多い。夜中に目が覚めたり、大きないびきをかいたりするのが特徴で、昼間に強い眠気を感じたり、前兆なく眠りに落ちたりすることもある。患者は成人人口の2~4%とされ、交通事故率は健康な人の3倍との調査結果もある。

(2009-07-04 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の関連キーワードアデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)子どもの扁桃の手術(アデノイド切除術/口蓋扁桃摘出術)フィリップス・レスピロニクス子どもの睡眠時無呼吸症候群ホルモン補充療法の対象患者中枢性睡眠時無呼吸症候群混合性睡眠時無呼吸症候群閉塞性睡眠時無呼吸症候群メタボリックシンドロームパルスオキシメーターピックウィック症候群睡眠ポリグラフ検査睡眠時無呼吸症候群重症筋無力症睡眠覚醒障害舌根扁桃肥大いびきと対策睡眠呼吸障害アデノイドポリグラフ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android