コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瞬匕亭角上

美術人名辞典の解説

瞬匕亭角上

芭蕉門の俳人。堅田本福寺12世。名は明因、号に夕陽観・百布軒・潦游因。権大僧都法印を退隠して京都三条橋東に瞬匕亭を結んだ。のち三井寺の辺に荷庵を結ぶ。延享4年(1747)歿、73才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android